【探検日記(オータム②】シッティングバレーボール探検

オータムシーズン第回目の探検は探検隊初??「シッティングバレーボール探検」


今回の探検日記は「りさ」がレポートします!



サマーシーズンにやったバレーボールとは違って、

おしりの一部を必ず床に着けて行うバレーボールで、

障害がある人もない人も一緒にプレーできるスポーツです。


パラリンピックの正式種目でもあるんだって。


今回は先生が6人も来てくれました!



まずは、おしりをつけたまま、前、後ろ、右、左に動く練習をしました!


おしりを浮かせちゃいけないって難しい…


次は一列に並んでみんなで競争!



おしりや足、手を使って頑張って進みました!

前や横は難しかったね!

意外と簡単だったのは後ろでした!



先生たちは、とっても速く進んでいたね!



つぎは、みんなで円になって、風船を落とさないようにパスをしました。





最初はすぐに落としちゃったけれど、どんどん上手くなって、なんと200回以上もパスをしたチームも!


高学年チームは、ボールでも練習!

風船と違ってスピードが付くから難しいね。




最後は低学年チームと高学年チームに分かれて試合だ!

大きめの風船を使って、低いネットを挟んで試合をしました。