【探検日記】自然満喫!アウトドア探検

第6回目のスポ探テーマは「アウトドア」探検です!

アウトドアといえばこの方・・・!

山の神ことはぶちゃんです★

筑波山キャンプや以前のアウトドア探検で「ロープワーク」を教えてくれたはぶちゃん。

今回の探検は「薪を使った火のおこしかた」を実際に体験しながら教えてもらいました!

今回の「火おこし」では、ガスバーナーなど便利なものはつかいません。

火をつけるためにつかっていいのは、着火時に使うライター1つのみ!

なので、木の特徴をしっかりと理解して、上手に組み立てることが大切です。

さて、みんなはじょうずに火おこしをすることができるかな~?

まずは、火をつけるための準備。

学校の理科の時間で勉強した人もいると思います。

木には「針葉樹」と「広葉樹」のふたつの種類があります。

この2つを見分けるのは葉っぱ。

葉っぱが針のようにとがっているのが針葉樹、

葉っぱが平たくて大きいものが広葉樹です。

針葉樹は密度が低く空気が入りやすいので、一気に火がつきやすい、

反対に広葉樹は、密度が高く中身がぎゅーっとつまっているので、火はつきにくいけど火のもちがよいのがそれぞれの特徴です。

木の特徴を教えてもらった次は実際に、炉の組み方を教えてもらいました★

まずは、最初に火がつきやすいものを!

針葉樹のズキの葉っぱをふんわりおきます。

早く火がついてほしいからといってぎゅーっと押しつぶしておくのはダメですよ。

空気をふくませるためにふんわりとおくのがコツです。

次に、「小枝→少し太めの枝→薪」の順に重ねていきます。

火は、上に上にと上がっていくので、このときピラミッドのような形きれいにつくるのがコツです。

“ぐちゃっ“と適当においてしまうと、火持ちが悪くなってしまったり、燃えた薪が崩れて火傷の原因になってしまう場合もあるので上手に組み立てよう~!

薪は、内側の幹の方が樹の密度がぎゅーっとつまっているので、

薪の皮面が外をむくように置きます。

これで完成★