【探検日記】待ちに待った雪合戦!

ウインターシーズン第2回目の探検は、隊員お待ちかね!?の「雪合戦探検」です!

今回は、毎年、スキーキャンプでお世話になっている「エーデルワイススキーリゾート」で

ど~んと真っ白いキレイな雪をたくさん貰ってきました!

大きな除雪車で雪を3すくい分!

山の神こと『はぶちゃん』が雪取りを手伝ってくれたんだよ~(本番は来れなかったけどね)

さあ!当日は、天候にも恵まれ、快晴の中での雪合戦探検です⛄

オータムシーズンの「雪合戦練習(スローイング)探検」で

スローイングのコツを習得したり

前回の「スポーツおにごっこ探検」で戦略を練る力チームワーク力を身につけたので、

今回の探検ではとにかく実践!試合中心の探検となりました。

まずは、最初に雪合戦に必要な雪玉の作り方を確認

雪玉製造機の使い方について確認。

公式の雪合戦の試合では1チーム1セットにつき90個の雪玉を使うことができます。

そのため、自分たちたくさん雪玉を作らなければいけません💦

雪玉製造機は1回で25個の雪玉を作れる優れもの!

ですが、使い方を間違えてしまうと、大きなケガにつながってしまうので要注意です。 正しい使い方と、注意点の説明を聞き、

ケガに気をつけながらたくさん雪玉を作りましょう~!

チームで準備体操をしたあとは、雪合戦のルールを確認。

・1試合3セット。1セット3分マッチ!

・相手の投げた雪球に当たるのはもちろん、味方の投げた雪球に当たってしまった選手は

 ”アウト”となり、コート外へ。そのセットは、参加できません。

・オフェンスとディフェンスはそれぞれ入れるコートが違っていて、

 オフェンスの人は、かごまで直接雪玉を取りに行くことはできません。

・相手コートには、3名までしか攻めることができません。

…など、雪合戦特有のルールがたくさんあります!

では、どうやって得点をとるのかというと、 敵コートにあるフラッグととれば10点! 制限時間内にフラッグをとれなかった場合は、チームの生き残っている人数分の得点が

もらえます。(3名生き残っていたら、3点!)

ルールがたくさんあるということは、様々な作戦を考えられるということ。

</