【探検日記】こども自然探検キャンプin筑波山①

今回の探検日記は帯同してくれた学生リーダーが、

キャンプの様子を詳しくレポートしてくれました☆

野外活動の基礎を学ぶ「こども自然探検キャンプ(以下、筑波山キャンプ)」

どんな探検になったのでしょう~♬

1日目の探検の様子は、〈しんしんごんちゃんきっしー〉の3名が

レポーターを担当していきます!

~1日目~ (^.^)/最初のレポーターは「しんしん」!

みんなが待ちに待った令和最初のキャンプがスタートです!

朝、8:30に筑波大学に集合!

天候はあいにくの雨模様だったけれど、みんな晴れやかな顔だったね。

キャンプの醍醐味といえば、テントで泊まったり火おこしもしたり…

色々な体験ができること!

集合したときに「今日はお家(バンガロー)に泊まるんでしょう?」とか

「ご飯を外で食べるの?」など、

実際にテントで泊まったりしたらどんな反応をしてくれるのか…!?

楽しみな声が沢山聞こえてきました。

26名、全員が時間通りに集合したので、バスに乗り込んで筑波山に出発~!

バスの車内も、最初は静かで、「緊張しているね~。」と

リーダー同士で話していたのもつかの間…

すぐに仲良くなって、バスの車内はすぐに大盛り上がり。

あっという間に筑波山に到着しちゃいました!

今回の筑波山キャンプは、天候の関係でプログラム変更があり、

1日目は主に室内での探検となりました。

まずは、隊長からキャンプでのお約束やルールのお話があったよね。

特に大自然の中でのキャンプではお約束やルールを守ることは、

みんなが安全に生活するためにはとても大切なことです!

​ 隊長と一緒に声にだして読んだ4つのお約束はこの2日間しっかり守っていきましょうね✊

リーダー紹介を行った後は、生活班や活動班に分かれて自己紹介をしました。

今回のキャンプには、1年生から4年生まで、いろんな小学校から参加してくれました。

もちろん、はじめましてのお友達がたくさん!

恥ずかしながらもがんばって自分の名前を伝える隊員や、

このキャンプで初めて会ったのにもう友達になって一緒にふざけている隊員、