【探検日記】こども自然探検キャンプin筑波山②

~2日目~

(^.^)/~~2日目の様子は「よっこ」と「さわしょ」がレポートするよ!

~2日目、最初のレポーターは「よっこ」★~

いよいよキャンプも2日目に突入です!

“6:30まではテントから出ちゃいけないこと” “他のお客さんの迷惑にならないよう騒がないこと。”

この2つのお約束はきちんと守れたかな?(おうちでどうだったか聞いてみてください。笑)

・・・と、いうことで、2日目は6:30から行動開始!

みんなテントではぐっすり眠れたかな?

まずは顔を洗って、寝袋をきちんとたたみ、荷物を整理することがみんなのお仕事です。

昨日の講習で、たたみ方を練習したもんね✊

みんな自分の荷物もきちんと整理して、

寝袋も持ってきたときと同じようにキレイにたたむことができていたね!

班ごとに子ども同士で声を掛け合い行動する姿にリーダーはとっ~ても感心しました✨

朝ごはんはまぜご飯!

今日も一日たくさん活動するからしっかり食べて元気をつけないと!

みんなで仲良くビニールシートに座って食べました(^^)

キャンプでは自分のことは自分でやります。 普段は使ったお皿をあらってくれるのはお母さんやお父さんかもしれません。 でも、今回のキャンプでは、自分の使ったお皿を洗うところまでが朝ごはんです。

ご飯を食べたら自分たちの使ったテントの片付け!

みんな一日目と比べて荷物の準備がずいぶん早くなっていたね★

たのもしい3年生や4年生がグループの見本になって行動してくれて

リーダーたちはとっても助かりました(^^)

予定よりもぐんと早く片付けが終わったので、

次の活動場所となるフォレストアドベンチャーまで歩いて移動です!

上り坂の続く約3kmのなが~い道のりをがんばって歩いたので、 今度筑波山に行く機会があれば、“こんなに歩いたんだよ~”って、 みんなが歩いた道をお父さんお母さんに教えてあげてね(*^^)v

~ここでレポーターは「さわしょ」にバトンタッチ★~

キャンプ2日目のメイン活動はフォレストアドベンチャーでの

【アスレチック探検】がスタートです!

みんなが頑張っている姿を筑波山の神様も見ていたのかな?

キャンプ場を出発するときに降っていた雨もやみ、 フォレストアドベンチャーに到着した頃には、過ごしやすい気候になりました。

フォレストアドベンチャーはフランス生まれ! フランス語の【La foret de l’ aventure】は日本語でいうと【冒険の森】

さぁ、みんなで冒険の森へ出発だ~っ✊

まずは、みどり・あお・むらさき・ピンク・きいろの5つの探検班に分かれて

「ハーネス」を装着しました。

「ハーネス」は高いところから落ちないように、みんなの命を守ってくれる大切な道具です。

今日は「元気!勇気!ハーネス!」をもって木の上の世界を楽しもう!

ハーネスを付けたらはぶちゃんから、フォレストアドベンチャーを安全に楽しむための

ルールを教えてもらいました。

ハーネスの先に付いている金具は「プーリー」といって、

フォレストアドベンチャーのコースの中にあるワイヤーに引っ掛けるパーツです。

このプーリーを正しく使うことが自分の安全を守り、活動することに繋がります。

つけかえるときには、プーリーに指を挟まないように注意しよう!

コースに出る前に、プーリーの使い方や安全にコースを楽しむためを練習です! みんな上手に使いこなせたかな?

さぁ、正しい使い方を覚えたところで次はいよいよキャノピーコースに挑戦★

フォレストアドベンチャーには初心者向けのキャノピーコースと、

上級者向けのアドベンチャーコースがあります。

キャノピーコースには、木の上に橋渡り・綱渡り・ターザンロープなど、 いろんな種類のアクティビティがあります。

日常生活では体験することができない高さで、上手に身体を動かしていたね!

最初は怖がっていた子も、高さに徐々に慣れたり、仲間同士の励ましがあったりしながら、

いろいろなアスレチックにチャレンジできたね!!

自然の中での探検は、空気がきれいでのびのびと活動することができたね!

リーダーたちも楽しんじゃいました!笑

アスレチック探検が終わるころには、すっかり空も晴れてきたね!

お昼は広場でサンドイッチをみななでもぐもぐ(*^^*)

たくさんカラダを動かした後、 この2日間で、や~っと見ることのできた青空のもとで食べるサンドイッチは

格別においしかった!

最後にみんなで記念撮影をしたあとは、

お土産を買ってお父さんお母さんの待つ筑波大学に戻りました。

この2日間を通して、みんなどんな思い出ができたかな?

どんなことが自分でできるようになったかな?

この2日間、おうちを離れ、自然の中で生活をしました。

おなかいっぱいご飯を食べれるのは当たり前。 自分の着たお洋服をお母さんがしまってくれるのが当たり前。 電気のついた明るいお部屋で、テレビが見れるのは当たり前。

そんな当たり前の生活からちょっと離れてみて、

自然の中で生活してみた気分はどうだったかな?

自分が使った食器は自分で洗うこと、電気のない真っ暗な中で寝ること、

雨の音で朝目覚めること…。

初めての経験がたくさんあったと思います。

そんな初めての経験を仲間と協力して乗り越えたみんなは、

一回り二回りもお兄さんお姉さんになったように見えました。

今回のキャンプで身に着けたことを普段の生活でも生かしてみてね★

次のキャンプでまた会おう!!

特定非営利活動法人Next one.

 つくば市 IBARAKI

070-5457-8314

HOME

法人概要

クラブ事業

活動内容

会員ページ

スポーツ