【探検日記】三宅島マリンスポーツキャンプ①

東京から南に約180km、船で約6時間半の場所にある三宅島で、

マリンスポーツを存分に探検する「三宅島マリンスポーツキャンプ」

キャンプ上級者向けのこのキャンプも、今年で4回目の開催となりました。

今回は30名の隊員と、たいちょう率いるリーダー7名の総勢37名での大冒険です!

1日目は、21時30分に集合。

いつもなら、寝る準備をしている時間なんじゃないかな? 集合場所は、東京にある竹芝旅客ターミナル。

土曜日ということもあり、人がたくさん! 22時、時間通りに30名の隊員が集まりました。

出発式を終え、黄色の大きな船、橘丸に乗り込みます。

「かえりたい!」と思ってもすぐには帰ってこれない島への大冒険に、 急に不安がせまってきて涙してしまう隊員も…。 でも、みんなこの日を楽しみにしていたもんね!

わくわくとうきうきで胸いっぱいになりながら、 22時30分、定刻通り出航です!

毎年、わくわくする気持ちをおさえられず、 夜にうるさくして隊長から雷が落ちるがお決まり…でしたが、 今年はみんな消灯後が静かに過ごしていました!スバらしい!笑

明日は、1日海での活動になるので、よく寝てエネルギーをたくわえましょう…

2日目…

朝の4時30分には、船の電気が全灯。 “まだ寝ていたいのに…”と眠たい目をこすってる暇もなく 5時に三宅島に到着です!この日の到着した港は“三池港”。

港からは村営バスに乗り、大久保浜キャンプ場へ。

キャンプ場に到着したあとは、海と朝日を眺めながらの朝ごはん🍚

キャンプ場には、前日から泊まっている人がいたので、

朝ごはんあとは休憩しつつマリンスポーツの準備へ…。

あっという間に時間は過ぎ、 “伊ヶ谷港”で、みんなが楽しみにしていたマリンスポーツ探検です!!

シュノーケルにシーカヤックに、浜遊びに…心ゆくまで海で活動しました。

シュノーケルでは、魚の群れやアオリイカの親子を発見😲 コンクリ-トの間にすむ大きなウツボもいたね。

シーカヤックは、天候が良かったので昨年よりも沖の方へ!

こちらでは、海にうかぶウミガメを発見しました。

活動はもちろん、三宅島の海にすむいろんな生き物にも出会えたね。

朝の10時から16時までず~っと海で活動したのでおなかがペコペコ!!

でも、ごはんの前にやることが…テントの中の自分の荷物の整理! リーダーは、「きっとまた“荷物がない!荷物がちらかってねる場所がない!

”なんてなるんだろうな~」と思っていたら、

驚くほどキレイにまとまった荷物にさすが上級者…と、感心するばかりでした。

この日の夕食は、BBQ!

おいし~いお肉と焼きそばでおなかいっぱいになってきた…と思ったら、 なんと地元の漁師さんから、おさしみの差し入れが!! 新鮮なカツオと金目のおさしみ~✨✨

お皿いっぱいにあったお刺身もあっという間になくなってしまいました。

夜もくもり空だったのが急に晴れ、無事に天体観測で星空を見ることできたね!

寝る時間になり、お母さんが恋しくて泣いてしまう子も…。

そんなときに、同じテントにいる経験者の6年生たちが、

「荷物をだきしめて寝れば安心できるよ!」

「夢の中でお母さんにあえるから、寝たらいいよ!」なんて、アドバイスをしてくれて…。

きっと自分たちが4年生のころはそんな風に思いながら寝ていたんだなぁ~と(。´・ω・)

もし来年、同じ班のお友達が不安そうにしていたら、

今回キャンプに参加したみんなが先パイとして声をかけてあげてね。

3日目に続く~~~~

特定非営利活動法人Next one.

 つくば市 IBARAKI

070-5457-8314

HOME

法人概要

クラブ事業

活動内容

会員ページ

スポーツ