【探検日記】ロッククライミングキャンプ①

つくば市から約260km、長野県佐久群川上村、金峰渓谷の中にある廻り目平キャンプ場。

キャンプ場を中心に多くの山が連なり、クライミングの聖地とも呼ばれています。

そんな素晴らしい場所で、パラクライマーのこばちゃんと過ごす3日間

なんと、今年で連続6回目の開催となりました。

今回は19名の隊員と8名のリーダー、そして3名の先生の総勢30名での冒険です!

朝、6時に隊員19名が筑波大学野球場駐車場に集合し、バスに乗って長野県へ向かいます!

朝の集合も早かったためバスではすぐに寝るかな…? …と、思いきやみんなとっても元気!

DVDを見ながら移動していくうちに、 あっという間に“廻り目平キャンプ場”へ到着です。

キャンプ場についたら、まりっぺとはぶちゃんが テントをたてて待っていてくれたので早速お昼ごはん。

お父さんお母さんが作ってくれたお弁当をおなかいっぱい食べた後は、いざフェニックスへ!

今回予定していた「ガマスラブ」へのチャレンジは、残念ながらできませんでした。 ガマスラブは木がたくさん生えた中にあります。 台風や大雨の影響で地盤がゆるみ、近くの木々たちが倒木してしまったため、

ガマスラブは立入禁止になっていたんです。

これも自然を相手にしているので仕方のないことですが、 来年までには復活してくれるといいね。

そのため、今回はフェニックスに3つのコースを張り、 3つのコースすべてで頂上にたつのを目標にチャレンジです!!

キャンプ場から続く山道を40分ほど歩くと、急に道が開けました。

ようやく「フェニックス」へ到着です!

みんなの目の前にそびえたつ巨岩…。 その大きさに驚きの表情が隠せません。

“これを登るんだ…!″と思うと、急に緊張してきたりして…💦 

フェニックスの前で待っていたのは、

今回みんなにクライミングを教えてくれる3名の先生です。みなさん日本トップクラス!

『こばちゃん(小林幸一郎先生)』