【探検日記】ロッククライミングキャンプ②

2日目。

上級者コースの2人はみんなより一足先に行動。

朝7時にはテントサイトを出発し、向かったのは「親指岩」

親指岩の“小川山レイバック”というコースは、 小川山を代表するクライマーの中でも人気のコース。

たみぃが初めてロッククライミングをしたのもこのコースなんだって。

L字形になるこのコースは日本で一番有名なクラックとも言われるほど。 クラックと呼ばれる岩の隙間に手をねじこみのぼっていく “ジャミング”という技術を教えてもらいチャレンジです!

フェニックスのように岩の凹凸がないので、 この“クラック”をいかにうまく使いながら登っていくのかがポイントになります。

いつもは余裕の表情でクライミングをしている2人も、 その静けさや岩の壮大さに登る前はかなり緊張している様子。

1人約30分のチャレンジで、その難しさを体感できたんじゃないかな?

スタート地点は木に囲まれていましたが、 頂上が近づくと急に景色が開け、みえる景色は絶景でしたね。

上級者コースの2人も合流し、2日目もフェニックスへ挑戦!

この日は、フェニックスに挑戦するチームとトレッキングで、 源泉探検をするチーム2つに分かれての活動です。

源泉探検では、源泉を見つけるべくフェニックスのさらに奥までトレッキング!

源泉には、水晶やカワセミの羽など、お宝がたくさんありました。

クライミング班は昨日の自分よりも上を目指して、 昨日とは違うコースにチャレンジしたり、同じコースにリベンジする隊員も。

この日は「もう無理…!」と思ったところからあきらめずに勇気をもって

チャレンジすることで、チャレンジした全員が前日よりも高いところまで

登れることができました。

快晴の中活動できていたのに、午前中の活動が終わるころ、天気が急変。

青空があっという間に曇空に代わり突然の豪雨。

急いで下山しテントサイトで雨宿りです。

この豪雨も自然の中での活動ならではですね。(笑)

岩場が濡れてしまうと残念ながらクライミングはできません。

午後、ゆっくりお風呂に入ったあとは、焚火をしたり、 みんなで協力して夕食づくりをしたり、虫さがしなどをして過ごしました。

2日目の夜はみんながお楽しみの花火!! 真っ暗中で焚火を囲みながらする花火はとってもキレイ✨

花火が終わるころには、空いっぱいのお星さまが…!!

こんなにもたくさんの星が見えるのは、電気や街灯のない山の中だからこそ。

実は昨日、みんなが寝たあと、リーダーが流れ星を見たんです…(*_*) それを聞いた隊員は流れ星を見たくて、ず~っと空を見上げていたけど、 残念ながら眠気には勝てず見ることはできませんでした…😢

でも、空いっぱいに輝く星を見れたのは、思い出だね。

特定非営利活動法人Next one.

 つくば市 IBARAKI

070-5457-8314

HOME

法人概要

クラブ事業

活動内容

会員ページ

スポーツ