【探検日記(ウインター①】ホッケー探検

ウインターシーズン第回目の探検は「ホッケー探検」です!

今回は筑波大学アイスホッケー部から3名の先生が来てくれました!

「つよぽん先生」「りょうちゃん先生」「なおや先生」3名とも、現役の選手!

天候も空気を読んだのか、会場の体育館はスケートリンク並みに極寒でした。。。笑

アイスホッケーは「氷上の格闘技」とも言われ 選手はスケートリンクの上を時速約60kmもの速さで移動すると言われています。 パックはなんと時速180kmになるときもあるんだって。

そんなスピードの中で、選手たちはカラダをはってパックを取り合う… さすが「氷上の格闘技」と言われるだけある、激しいスポーツですね。

アイスホッケーは初心者には少しレベルの高いスポーツでもあるため、 今回は陸上でホッケーにチャレンジです!!

氷の上ほど、移動のスピードはでませんが スティックとボールを巧みに扱って同じくらい激しい試合ができるようになりましょう!

高学年と低学年それぞれ分かれて「ハンドリング・パス・シュート」の基本の練習を

行いました。

ハンドリングは、スティックを使いながらいかにボールをうまく操れるかがポイント! タッチが強すぎると、ボールが思ってもいない方向にとんでいってしまうので、 まずはやさしくたくさんボールをさわろう!

このハンドリングが上手にできると、試合のときに敵をかわしたり、

相手の意表をついたパスができるようになるよ!!

ボールとスティックの感覚をしっかりつかんでいこう!

タッチの感覚をつかんできたところで次はパスに挑戦!

ボールをほうりだしたあとは、スティックの先をパスしたい相手にむけることが正確な

パスワークのコツでした。

これもハンドリングと一緒で絶妙なボールタッチが大切です。

相手が取りやすいパスってどうすればできるようになるのか…!?

優しいタッチでしっかりコントロールを練習した後は、

みんながお待ちかねのシュート練習!

ゴールに向かって思いっきりボールを打ち込むのは気持ちいい!

低学年チームは、キーパーのいないところにシュートを打つ練習を中心に、 高学年チームはパスをもらってからシュートを打つ、