《探検日記》オータム⑥バレーボール探検

スポーツ探検オータムシーズン第6回は…「バレーボール探検」!



今回も、『もえぴー』が活動の様子をレポートするよ!


先生は、Vリーグチーム(つくばユナイテッドサンガイア)で選手・監督を経験したこともある

「菊池孝一先生」!



現在も、Vアカデミーバレーボールクラブ代表コーチとして、

小中学生にバレーボールの指導を行っています。


さすが元バレーボール選手。

身長はもちろん手も大きくて、みんなびっくり。


菊池先生は、昨年度も探検隊に来てくれました!

「みんなどんなことをやったか覚えてる?」の問いには、

まさかの「忘れちゃった!」との声も。笑

ちゃんと覚えておいてよね~!!


今回の探検ではポイントを忘れずにね!

学校体育でも行うバレーボール。

どんなスポーツで、どんな技があるのか、どんなことがポイントなのか…

頭ではもちろん、カラダでもしっかり覚えておきましょう!笑



最初のウォーミングアップは、

エキスパートクラス、チャレンジクラス、

それぞれ違ったメニューでカラダを温めました。




ボールにも少し慣れてきたところで、バレーボールの基本的なスキルを習得だ!


バレーボールは、コートにいる6名でパスを繋ぎ、3回のうちで相手コートに返球します。

ボールを床に落としてしまうと相手の得点になってしまいます。。。

ボールの動きをよく見て、的確なコントロールでボールを繋ぐチカラが必要です!



まず最初に練習したのは、「レシーブ」

アンダーハンドパスとも言われています。




レシーブのコツは、脇をしめること、

ひざをつかってボールをおしだすことでしたね。

腕のどの部分にボールが当たればいいのかも先生に教えてもらい、

実際に対面で練習してみましょう!