【探検日記】頭脳プレーで勝負!ユニカール探検

ウインターシーズン第4回の探検は「ユニカール

今回探検する「ユニカール」はニュースポーツの1つ! なんと、探検隊では4年ぶりの登場です★

今回は、東京都ユニカール協会の理事である石井先生と間島先生が

みんなにユニカールの魅力を教えに来てくれました!

ユニカールがどんなスポーツなのか…

初めて挑戦するスポーツにわくわくしながら来た隊員もたくさんいると思います。

ユニカールとは、陸上でたのしむことのできるカーリングのようなスポーツです。

ユニカールは1979年スウェーデンでつくられたスポーツで、

氷上のスポーツ・カーリングを参考に、室内でも手軽できるよう、

コートやルールを工夫して作られたスポーツなんです。

日本で行われるようになったのは、1986年と最近なんだ!

ユニカールという言葉は、「ユニバーサルカーリング」を略したもの。

ユニカールは、子どもから高齢者まで、また、障がいがあってもなくても

みんなが楽しみ、互いに豊かな交流ができるように、という願いが込められた

スポーツでもあるんだ。

ユニカールは皆で同じ土俵、同じ用具、ほぼ同じルールで楽しめるスポーツなんだって!

ユニカールというスポーツにはいろんな想いもこめられているんだね…。

まずは、ストーンの投げ方を教えてもらいました。

高学年チームが使った大人用のストーンはなんと1つ3kgもの重さがあるです。 それを約5~7m程度離れたセンターサークルに届くように投げなきゃいけないんだって。

​ コントロールがとても大切なスポーツなので、

できるだけ早くコツがつかまなきゃいけませんね…!

利き手でストーンのグリップ部分を持ち、反対の足を1歩前に出します。 ストーンを大きく振り、最後は滑らせるように投げる!

ボウリングのようにほうり投げてしまうと、

ストーンがひっくり返りごろごろ転がっていってしまうので、

大きく振った遠心力を使って滑らせるように投げるのがポイントでした。。

最初は、マットの半分まで行かない子もいたけど、 練習するうちにだんだんコツをつかんできたようで、

センターサークルまでストーンが届くようになったり、

狙った場所にストーンを投げられるようになってきたね