【探検日記(サマー②】テコンドー探検

サマーシーズン第回目の探検は「テコンドー探検」

テコンドーって言葉を聞いたことがあるけど どんなスポーツなのかは分からない…

テコンドーとは、足技を中心とした武術、格闘技の1つ。 技1つ1つの素早さから「足のボクシング」とも言われることも。 なんと、韓国では国技になっているんだ!

今回の探検ではTFTCテコンドー道場より、なんと10名もの先生が来てくれました!

とじまっちょ先生をはじめとし、大人から中高校生、なんと隊員と同じ小学生の先生も!

メインで指導してくれた、とじまっちょ先生は茨城県で初のテコンドー道場を創設した人。 なんと、昨年行われた世界選手権に団体で優勝もしているテコンドー界の

第一線にいる方なんです!

そして、とじまっちょ先生の他にも中学生や高校生の全日本チャンピオンまで・・・ たくさんの先生に来ていただけただけでなく、トップレベルの技も見れる、特別回ですね!

早速、テコンドーを探検していきましょう♪

まずはテコンドーの挨拶を教えてもらいました! 姿勢を正して、かかとをつけたら、「テコン!」 武道では礼儀が大切ですからね!

テコンドーと言えば、キレのある蹴り! そんな蹴りを繰り出すためには、柔軟性が大切です。

見て!先生の柔らかさ…!

柔軟になったとたん、あちこちから悲鳴が…

柔らかいカラダになることで、怪我の予防にも繋がるんだって!

正しい柔軟の方法を教えてもらったので、 ぜひおうちでも継続的にチャレンジしてみてくださいね♪

さぁ、しっかりカラダも温まって準備万端! 実際に技を教えてもらう前に、 テコンドーの型を見せてもらいました。

型とは、決められた技を順番に行うことで、 テコンドーには24種類の型があるそう。

5名の先生が披露してくれた「型(トゥル)」。